featured 特徴

CO2削減効果60%以上

家庭からの二酸化炭素排出量4520kg/年に対し、戸建て太陽光発電システムCO2削減量2839kg/年で約60%のCO2削減効果。その他電気自動車の使用により55%の削減(身近な交通の見直しによる環境改善に関する研究)、EV車用急速充電器の電源を太陽光で発電した電力で賄う、スマコミライト等独立電源型のLED灯、タウン移住を希望される住民の節電意識・環境貢献意識等の努力値等を加味しての数値です。

■太陽光年間発電量5,735kwhx495g(※1)

※ 1:太陽光発電協会が算出のC02排出量の数値。533gから太陽電池生産時に排出されるC02量を加味したものです。

再生可能エネルギー利用率30%以上

上記と同様に戸建住宅の太陽光発電+蓄電池+HEMSの導入により、約30%以上 を再生可能エネルギーでまかないます。

【解説】■太陽光発電設置容量タウン内合計:380kw
■発電量:448,224kWh/年(メー力一発電シミュレーションより)

一世帯当たりの年間電気使用量:4,397kWh/年
(平成27年度建て方別世帯当り年間電気消費量(環境省)より)
よって、太陽光発電などの再生可能ェネルギーを蓄電池に溜めて使うことで タウンの30%以上電気を賄うことは可能となります。

ライフライン確保3日間

家庭用蓄電池の導入による電気の確保。集合住宅棟のエントランス付近にかまどベンチや非常時に無償提供となる自動販売機の設置も行います。
集合住宅棟には、太陽光発電や業務用蓄電システムを配備し、共用設備や1階施設 へ電力供給。特に業務用蓄電池は非常時を中心に利用していきます。

ZEH CONCEPT ZEH -ゼッチ– の全体像について

Al TOWN天辰は、
もう2030年代の時間を刻んでいます。

ZEHは「ゼロ・エネルギー・ハウス」の頭文字をとったもので、「ゼッチ」と読みます。AlTOWN天辰は、環境にやさしく、防災にも配慮したまちづくりがテーマ。そこにピッタリと重なり合う住宅性能が、ZEHでもあります。「高断熱」「省ェネ」「創エネ」「蓄ェネ」の4つの性能を満たすことで、こ家庭のエネルギー収支をゼ口にする住まいです。12030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と国は掲げています。そう。皆様が住まわれるであろうAlTOWN天辰は、すでに、2030年代の時間が刻まれているのです。

◎ゼロエネルギーの定義

◎ZEH基準は、従来の省エネ基準よりシビアです。

Al TOWN天辰のZEHを手掛ける住宅メー力一は、国の機関であるZEH口ードマップ検討委員会が定めるシビアな1ZEHの判断基準」をクリアしています。

  • ZEH基準1

    強化外皮基準(1-8地域の建築物エネルギー消費性能基準を満たした上で、UA値が、1、2地域: 0.4W㎡K相当以下、3地域:0.5W㎡K相当以下、4-7地域:0.6W㎡K相当以下)を満足すること(πAC値、気密・防露性能の確保などにも留意)

  • ZEH基準2

    再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量が削減されていること。

  • ZEH基準3

    再生可能エネルギーが導入されていること。(容量不問)

  • ZEH基準4

    再生可能エネルギーと差し引きして、基準一次エネルギー消費量から100%の一次エネルギー消費量が削減されていること。

ZEHに住まうとこんなメリットがながく維持されます。

  1. ❶ 光熱費が削減されます。

    ZEHに住まい出して実感するメリットに光熱費の削減が挙げられます。中でも創エネ、蓄エネ、節電管理を行えるシステム設備と省エネ・断熱性の高い構造体のハイプリッドの力が技術が大幅にエネルギーコストを力ットしてくれるためです。

  2. ❷ 家族の健康に貢献します。

    ZEHを満たす要件のひとつが高断熱性能です。これは省ェネだけでなく住まう家族の健康にも貢献します。各空間の温度差による急激な血圧上昇を防ぐほか、総合的な健康改善に結びついているという調査報告もあります。

  3. ❸ 災害にも強い家になります。

    太陽光発電による創エネと蓄電池による蓄エネを組み合わせれば、停電時でも生活に必要な電気機器を稼働できます。だから、災害時にも心強いのがZEHです。防災への視点を大切にするAlTOWN天辰のまちに相応しいメリットです。

  4. ❹ 格段の快適な住まい心地。

    最近よく耳にする自然の光や風を利用したパッシプデザインという設計手法を取り入れたメーカ一もAlTOWN天辰には存在します。高断熱・省エネにプラスして、太陽のぬくもり、風のそよぎを毎日の暮らしの中で感じることができます。

  5. ❺ 地球環境にやさしい。

    国がZEHを標準的な住宅モデルとして啓発する理由は「地球環境を守る」という点に尽きます。太陽光発電などの創エネ設備、高効率エアコンなどの省エネ家電、高断熱の住宅構造が結果的に地球温暖化抑止へとつながるのです。

  6. ❻ 資産価値を高めます。

    明日のスタンダードと目されるZEHは、その魅力あふれる特長から高い資産性を備えます。それが、AlTOWN天辰のような先取的な開発コンセプトが注がれたまちに存在するとなれば…。周りの羨望もまた、その価値を引き上げるでしょう。

\早わかり!/これがZEHの主な構成機器と経済性。

住宅の高断熱性能に加え、省エネ設備機器、HEMS(ヘムス)、電気を自給自足する太陽光発電システムや蓄電池などを組み合わせることで、エコでより快適な暮らしが実現できます。

太陽光発電システム

電気は太陽光で自給自足する時代

太陽光発電パネルやパワーコンディショナーなどの機器を組み合わせることで、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換。太陽光発電にすれば、再生可能エネルギーを利用した自家発電で、地球と環境に優しい、質の高いエコライフを始めることができます。

環境汚染物質を出しません。

太陽光発電の最大の特長は、エネルギー源が無尽蔵で、クリーンである点です。石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時に002(二酸化炭素)や、SOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)などの大気汚染物質を発生させることがありません。

HEMSヘムス

住まいのエネルギーを見える化。

エネルギーを見える化するだけでなく、家電、電気設備を最適に制御するための管理システム、それがHEMS(ヘムス)です。政府は2030年までに全世帯へHEMSを設置することを目標としています。

オール電化

創蓄電連携とマッチング!

いざ停電になると、すべての機器が使えなくなるんじゃ?というオール電化への不安。今やそのネガティブなイメージは、消失しつつあります。それは、太陽光発電で得た電力や深夜電力を「蓄電池」に蓄えて、不意の停電時にも対応できるようになったためです。


lot時代にもスムーズに対応。

新電力と呼ばれる新たな電力事業者が数多く誕生したことにより、光熱費を抑えられるのもオール電化の強み。さらに、スマートメーターやHEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)とのシステム連携により快適性や利便性は一層向上します。

蓄電池(住宅用)

電気を蓄え、賢く使う。

たっぷり発電した太陽からの自然エネルギーをしっかり貯めて、効率的に電力を利用できるのが蓄電システム。普段はお得な夜間電力を使って電気を貯めて、電気代が割高な日中は蓄電池の電気を使用。さらに停電の時には、貯めておいた蓄電池の電気を使うことができます。

平常時電気代の安価な夜に蓄える

昼間は太陽光発電で作った電気を使用し、夜は蓄電池に溜めた電気を使用し、自給自足を基本としているため、発電した電力は基本的に自家消費となります。

停電時自動切替で停電時も安心

あらかじめリビングなどに非常用電気回路を設け、日中は太陽光発電でつくった電気を、夜は蓄電池に蓄えた電気を使用。テレビや証明、冷蔵庫、スマートフォンなど最大2,000wの電気を使用できます。

主催MAP

AI TOWN 天辰 住宅フェア協議会

南国不動産 鹿児島支店

[ 南国殖産株式会社 不動産事業部 ]

〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町18番地1

TEL099-250-5200

現地事務所
ご不明点や資料請求など
どうぞお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ資料請求来場予約